受け口

「受け口は下顎前突」「しゃくれ」「反対咬合」とも言い、上下の噛み合わせが通常とは逆になっている症状のことです。見た目のコンプレックスだけでなく、うまく噛めない咀嚼障害やうまく飲み込めない嚥下障害、口を閉じにくく発音がうまくできないなど不便に感じる点が複数あります。酷い場合は痛みを伴うこともあるため、早めに治療をしたほうが良いでしょう。

受け口の治療に
適している矯正は?

受け口の治療に適している矯正は?
受け口になる原因として、「上あごよりも下あごが大きく成長してしまった」という点が挙げられます。
そのため、治療としては、上あごの成長を促しつつ、下あごの成長を抑制することが大切です。

代表的な受け口矯正方法として

  • ムーシールド
  • 上あご前方牽引装置

が挙げられます。

ムーシールドは、3〜5歳のお子さんに適している受け口矯正方法です。マウスピース型の矯正器具を寝ている間に装着して、上あごの成長を促します。

上あご前方牽引装置は、6歳以降のお子さんにおすすめする受け口矯正方法です。フェイスマスクと呼ばれる装置を顔に装着し、上あごを前に引っ張り出していきます。

骨格に大きな問題がなく、歯の位置を矯正するだけで受け口の改善が見込める場合にはワイヤー装置を使用します。

逆に矯正治療だけで改善できない場合には、手術を併用する「外科矯正」が必要になるかもしれません。

なぜ受け口になってしまうの?

受け口・しゃくれの原因には、もともとあごが小さい・歯が大きいなどの遺伝的なものと、指しゃぶりや舌癖、頬杖などの生活習慣・癖によるものの2タイプがあります。

さらに、慢性的な鼻づまりなどで口呼吸が続くことも受け口の原因となるようです。

子どもの指しゃぶりは幼少期にはよく見られる行為ですが、歯が生えてからはなるべくさせないよう普段から気をつけてあげてください。

また、鼻づまりによる口呼吸が長引かないよう、早めに治療してあげることも大切です。

日頃のちょっとした意識から受け口を予防できれば、後から重症化するリスクを抑え、軽度の矯正治療で済むかもしれません。

受け口の矯正をした人の口コミ

旦那の遺伝で子どもが受け口に

旦那が受け口で下の子が受け継いでしまいました。今、治すために矯正中です。上顎を前に引っ張るマスクをずっと着けて矯正しています。
でも今度は歯が生える隙間が狭くって八重歯になりそうだから今度はその矯正中です。

参照元:ガールズちゃんねる
https://girlschannel.net/topics/1391358/
矯正を受けさせてくれた親に感謝

私も矯正しました。小学校三年生から始めて経過観察も含めると18歳まで矯正歯科のお世話になりました。今はどうかわからないけど当時は保険が効かなかったのでお金かかったみたいです。親に感謝してます。

参照元:ガールズちゃんねる
https://girlschannel.net/topics/1391358/
受け口は早めになおした方がいい

反対咬合(受け口)は9歳から12歳までで矯正しました。同時進行の歯列矯正は19歳までかかった。成長とともにアゴも出て固定されちゃうから、子どもから始められるなら第二次性徴期が始まる前にやった方がいいらしいです。

参照元:ガールズちゃんねる
https://girlschannel.net/topics/1391358/
\マウスピースで歯並びキレイ/目立たない矯正ができる
名古屋の歯医者さん
プルチーノ歯科・
矯正歯科
対応
年齢
6歳~
  • 乳歯があっても矯正できる
  • イオン新瑞橋内に併設
  • 女性歯科医師が在籍

電話番号:052-693-8241

みずほの森
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • キッズスペースあり
  • 月1の日曜診療
  • 瑞穂区役所駅から徒歩4分

電話番号:052-851-8747

ルーセント歯科・
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • 名古屋駅直結のビル内
  • 土日も18時まで診療
  • 一括払いでT-point貯まる

電話番号:0120-931-024