【医師監修】歯科医師に聞く矯正治療について

小林大医師の施術イメージ画像|名古屋の小児矯正ガイド
矯正治療を受けられる方はどのような方が多いですか?

大学病院にいた時は、小児と20代前半の方が多かったですね。今私の医院では、20代の方々に加え、50代で矯正を始めたいという方が多く、地域によって多少違うかもしれません。矯正によって歯並びを整え、見た目とかみ合わせどちらも良くしたいと来院される方が多いです。

そもそも、なぜ矯正治療が必要かと言うと原因は様々なのですが、1つは顎の骨の大きさや広さが歯の大きさにマッチしていないことが挙げられます。
矯正治療を患者さんへ説明する時によく電車の座席に例えるのですが、例えば定員8人の座席に8人の太った人が座ろうとしても、うまく座ることができず、斜めを向いたりはみ出したりしてしまいます。これと同じ状態が起こることで、歯並びにガタつきが生じてしまいます。

子供の場合はまだ顎の骨が出来上がる前なので、拡大と言って、元々の座席サイズを変えることが可能です。元々定員8人だったところを定員9人の座席にしてあげることで、ゆったり座ることができますよね。子供用のマウスピース矯正も2018年から出始めています。

大人になってしまうと、顎の骨は成長しているので、乗っている太った人を1人〜2人降りていただくことで空間を作り、整列してもらうようなイメージです。ですので、大人の方が矯正を始める場合は、一般的に7〜8割の方が初めに今ある歯を抜いてから矯正を始めます。最近はマウスピース矯正や矯正用インプラントスクリューが発達してきた影響で、抜歯の割合は減りつつあるかもしれませんが、小学生の頃から歯科矯正をすることで、抜歯の可能性を少しでも減らすことが出来ます。

矯正器具のイメージ画像|名古屋の小児矯正ガイド
矯正方法の種類について教えてください。

矯正方法としては、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の2つがあります。また、歯を動かさずにすぐに歯並びを整えられるセラミック矯正と言う方法もありますが、健康な歯を削って被せ物を使って綺麗に整えるため矯正方法とはアプローチの方法が異なります。セラミック矯正はスピーディに歯並びを美しく出来ますが、健常な歯を削ってしまうことから、被せ物との間からどうしても細菌が侵食し、虫歯や歯周病などのリスクが高くなります。

時間がかかっても出来るだけ健康な歯を保ちながら矯正をしたい場合はワイヤーやマウスピースといった矯正法がオススメです。

ワイヤー矯正は昔からある矯正方法で、ブラケットという矯正器具を歯に装着し、ワイヤーを通すことで、ワイヤーの力を活かして歯を動かし歯並びを整えます。経験豊富な先生が多く、定期的に通院を受けることで強制的に歯が動かされるので、マウスピースなど取り外し式の装置では自己管理が難しい方でも治療を続けることができます。

ただし、矯正をしていることが人から見られやすいため、接客業や営業職など自分が矯正していることを知られたくないという方は裏側矯正という方法もあります。通常は歯の表面に装着するブラケットを歯の裏側へ装着することで、周りから矯正をしていることが分かりにくくなります。こちらは表側矯正よりも価格が高く治療の難易度も上がるため、歯科医の先生に確認してみましょう。

もう1つのマウスピース矯正についても教えてください。

ゴールとなる歯並びに向けて少しずつ歯を動かした状態のマウスピースを複数個作成し、1週間ごとに取り換えることで歯並びを矯正していく方法です。マウスピース矯正のメリットは何よりも周りから矯正をしていることが分かりにくいこと、ご自身で着脱していただくことが可能ですので、お食事や歯磨きが通常の歯の状態でできることです。

マウスピースは患者さんご自身の管理がとても大切になります。ご自身で着脱ができる分、うっかり装着を忘れてしまいますと、矯正が終わるのに時間がかかってしまったり、元の歯並びに戻ってしまう可能性もあります。患者さんの歯並びの状態によっては、マウスピースでは対応が出来ないこともあるため注意しましょう。

小林大医師のカウンセリングイメージ画像|名古屋の小児矯正ガイド
ワイヤー矯正やマウスピース矯正は費用によって違いはあるのでしょうか?

矯正治療はほとんどが公的医療保険の対象外となり、手術が必要であったり先天性疾患などの特殊な事情をのぞいて患者さんの自費診療となることが多いです。矯正に使うワイヤーやマウスピースの材料費や検査代など様々な項目がありますが、全体的な治療費は高額になることが多くなりますので、”矯正治療にかかる全体的な治療費”に関してはどの程度になるのか、アフターケアはどこまで対象になるのか、治療に入る前から歯科医に確認するべきでしょう。

また、ワイヤーやマウスピース矯正に使われている材料のメーカーによっても価格が10万円ほど差がつくものがあります。例えば、ワイヤー矯正にはデーモンシステムという特殊なブラケットを用いた治療法があります。デーモンシステムとは、ブラケットにワイヤーを巻きつけることなく着脱ができる方法です。

これを使うことで歯へ余計な摩擦・力をかけることなく動かせるため、治療期間を早く済ませることができます。ただし大きな動きを素早くできる一方で、最終的な微調整が難しいといったデメリットもあります。

矯正する歯科医院のオススメの選び方について教えて下さい。

選択肢をいくつも提供してくれる歯科医は信頼できると思います。担当医が一番良いと考える治療法を提案されると思いますが、矯正治療自体が2〜3年と長期間に渡る治療になりますので、患者さんがしっかりと理解・納得して治療を受けることが大事だと思います。単に安いからという理由だけではなく、モチベーションを維持する意味でも、予算の他に、歯科医の信頼感、クリニックの雰囲気、通いやすさと言った面で総合的に判断するようにしましょう。

また、カウンセリング時には歯並びの目的や、最終的なゴールを歯科医と共有することが大切です。担当する先生が過去に手掛けられた症例を確認できたら良いと思います。

矯正した後の歯並びを長く保つために大切なことはありますか。

たくさんあります!(笑)。矯正が終わった後に歯科医院に来なくなってしまった患者さんが、歯並びが元に戻ってしまっていることは意外と知られていませんが、非常に多くあります。矯正治療期間が終わったら終了と思われている患者さんは多いですが、むしろ矯正治療を外した直後が一番戻りやすくなりますので、その後の保持が最も大切です。

保持する場合は、保定装置(リテーナー)を装着します。一般的には、矯正治療期間と同じ2年間程度使用するケースが多いですが、使用時間や期間に関しては、担当の歯科医から教わった通りの使い方をして、せっかく綺麗になった歯並びを長く保っていきましょう。歯科医院によっては、その後の保証まで治療費の中に含まれているところもあると聞いています。

監修医師紹介

小林大医師の紹介|名古屋の小児矯正ガイド
\マウスピースで歯並びキレイ/目立たない矯正ができる
名古屋の歯医者さん
プルチーノ歯科・
矯正歯科
対応
年齢
6歳~
  • 乳歯があっても矯正できる
  • イオン新瑞橋内に併設
  • 女性歯科医師が在籍

電話番号:052-693-8241

みずほの森
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • キッズスペースあり
  • 月1の日曜診療
  • 瑞穂区役所駅から徒歩4分

電話番号:052-851-8747

ルーセント歯科・
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • 名古屋駅直結のビル内
  • 土日も18時まで診療
  • 一括払いでT-point貯まる

電話番号:0120-931-024