小児矯正はどのくらい費用や期間がかかる?

小児矯正に興味はあるけど、どのくらいの費用や時間がかかるのか?分からないママも多いのではないでしょうか。この記事では、小児矯正にかかる費用や期間をまとめました。

小児矯正にかかる平均費用相場

小児矯正の一般的な費用は、

  • 1.乳歯の時期:5〜20万円
  • 2.乳歯と永久歯が混ざっている時期(Ⅰ期治療):15〜60万円
  • 3.永久歯が生えそろっている時期(Ⅱ期治療):50〜130万円

と、それぞれ時期によって異なります。この金額には装置代の他にも初診料や精密検査料、調整料や矯正後の保定装置代なども含まるので予算はもっとかかると考えておきましょう。また、乳歯の時期だけであったりⅠ期治療だけで終えたりするお子さんもいますが、Ⅰ期治療+Ⅱ期治療などで長期にわたる治療が必要なお子さんもいます。
矯正治療の費用は自由診療のため、歯科医院によって異なるのがポイントです。料金体系や金額はクリニックによって差があるので、ホームページなども参考にすると良いでしょう。

一方で、大人の矯正費用では一般的な矯正治療で80〜150万円ほどかかります。目立ちにくい裏側矯正やセラミック製のブラケットなど、治療方法によってはさらに費用がかかる場合もあるので医師との相談は必須です。大人の矯正はあごの成長・発達が止まっているため、抜歯をする・外科的手術が必要になるケースもあります。他にも治療期間が長いという理由で、おおむね小児矯正よりも費用が高額になりがちです。

小児矯正の治療期間や通院頻度は?

では、小児矯正にかかる期間はどのくらいでしょうか。
小児矯正は主に歯の生え方によって、一期治療と二期治療に分けられます。それぞれの期間ごとに治療期間や通院頻度を見てみましょう。

・Ⅰ期治療
6歳ごろから小学校中学年にかけて、乳歯と永久歯が混在する時期に行う治療です。比較的簡単な装置であごの発達をコントロールしながら、主に骨格を矯正します。期間の目安は1〜2年間、通院の頻度は1〜2ヶ月に一度ほどです。
Ⅰ期治療が終わると、半年ほどの経過観察を行います。

・Ⅱ期治療
小学校高学年から中学生くらいまで、永久歯が生え揃ってから行う治療のことです。ワイヤー装置やマウスピースを使って、歯並びや噛み合わせを矯正します。期間は平均1〜2年、通院頻度は1ヶ月に1回ほどです。

子どものうちからの矯正治療は骨格の自然な発達・成長に合わせて治療が行えるため、治療期間が比較的短く済む・治療効果が得られやすく、その分費用も抑えられるなどのメリットがあります。お子さんの歯並びやかみ合わせが気になる場合は、一度矯正歯科の医師に相談してみるのがおすすめです。

\マウスピースで歯並びキレイ/目立たない矯正ができる
名古屋の歯医者さん
プルチーノ歯科・
矯正歯科
対応
年齢
6歳~
  • 乳歯があっても矯正できる
  • イオン新瑞橋内に併設
  • 女性歯科医師が在籍

電話番号:052-693-8241

みずほの森
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • キッズスペースあり
  • 月1の日曜診療
  • 瑞穂区役所駅から徒歩4分

電話番号:052-851-8747

ルーセント歯科・
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • 名古屋駅直結のビル内
  • 土日も18時まで診療
  • 一括払いでT-point貯まる

電話番号:0120-931-024