小児矯正は何歳からはじめるべき?

大人の歯科矯正はいつでも始められるのに対し、小児矯正は「一体いつから始めるのがいいの?」と疑問をお持ちの保護者の方が多いようです。
歯が生え替わり、子どものあごや身体が毎日成長していく中で、タイミングを図るのはとても難しいですよね。
ここでは、そんな子どもの矯正治療のスタート時期について、詳しくご紹介します。

はじめるタイミングは、子どもの歯並びの状態による!

小児矯正を始めるタイミングは、ズバリ「お子さんの歯並びの状態による」です。「できるだけ早いほうが良い」「永久歯が生えそろってからで良い」など色んな情報がありますが、一般的には「早くから始める」方が良いとされています。早期に治療を始めることで、骨格の成長を利用しながらあごの成長を正しい方向に導くことができるからです。悪い歯並びや噛み合わせを放置してしまうと、5年後10年後に骨格に影響が出てしまい、やがて健康にも悪影響を与える可能性があります。
だからといって、全てのお子さんの矯正治療が早いほど良いというわけではありません。症状によっては、治療開始を待った方が良い場合もあります。つまり小児矯正を始めるタイミングは、症状によって違うので細かなチェックが必要です。

以下では、3つのタイミングをご紹介していきましょう。

小児矯正をはじめるタイミング3パターン

  • 1.乳歯の時期
  • 2.乳歯と永久歯が混ざっている時期(I期治療)
  • 3.永久歯が生えそろっている時期(II期治療)

小児矯正を始めるタイミングとして、この3つが挙げられます。

1.乳歯の時期

永久歯が重なって生えてきた場合や受け口の場合は放っておくと症状が悪化するため、できるだけ早く、3歳〜5歳くらいの乳歯の時期から始めた方が良いでしょう。早めに治療を行うことで、あごの成長をコントロールして正常な発達を促します。

2.乳歯と永久歯が混ざっている時期(I期治療)

6〜10歳頃までの、乳歯と永久歯が混ざっている時期に行う治療をI期治療と言います。あごの大きさを広げる治療はできるだけ早い方が良いのですが、そこまで大きなズレでない場合はこの時期に治すのが理想です。まだ小さく柔軟な子どものあごの成長をコントロールすることによってバランスを整え、なるべく永久歯を抜かずに歯並びを整えるように働きかけます。

3.永久歯が生えそろっている時期(II期治療)

11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う治療がII期治療です。あごの大きさに関係なく単純に歯が重なっているだけの場合は、早期から治療せずに待つこともあります。むしろ、永久歯が生え揃うまで待った治療を行う場合もあるのがポイントです。

大切なのは、子どものお口の状態によって、最適なスタート時期が違うということ。やみくもに早い時期に始めても、きちんとした結果が得られない可能性もあります。

セカンドオピニオンも視野に入れて相談を

小児矯正を始めるタイミングについては、「周りの子が矯正しているから」「早いほうが良いと聞いたから」など外野の情報に惑わされず、お子さんの状況に合わせて、しっかりと診断を行って見極めることが大切です。
小児矯正の場合、あごの成長や歯の動きを正確に予測しながら治療を進める必要があります。また、症状によって複数の治療方法が考えられる場合もあるため、歯科医によって治療方針が異なることもあるのがポイントです。治療方針、料金、子どもが通いやすい病院かどうかなどを良く考慮して、納得がいかなければセカンドオピニオンも視野に入れて検討しましょう。

\マウスピースで歯並びキレイ/目立たない矯正ができる
名古屋の歯医者さん
プルチーノ歯科・
矯正歯科
対応
年齢
6歳~
  • 乳歯があっても矯正できる
  • イオン新瑞橋内に併設
  • 女性歯科医師が在籍

電話番号:052-693-8241

みずほの森
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • キッズスペースあり
  • 月1の日曜診療
  • 瑞穂区役所駅から徒歩4分

電話番号:052-851-8747

ルーセント歯科・
矯正歯科
対応
年齢
12歳~
  • 名古屋駅直結のビル内
  • 土日も18時まで診療
  • 一括払いでT-point貯まる

電話番号:0120-931-024